簡単!スピーディに飛行機のチケットを予約する方法

飛行機チケット予約は早めにしよう

海外の飛行機チケットは早めに買うとお得に

旅行などで行き先が決まった時点で、早めに飛行機チケットを買うようにすると、値段も安く手に入ります。
とにかく早く買うことが、安く手に入れる1番の方法になります。
まだまだ先だから、まだ予定が安定しないなどの理由で、先延ばしにしてしまうと、料金が変わってしまったり、乗りたいフライト時間の便が売り切れてしまうなど、
旅費が高くなってしまう場合があります。

思わぬ出費をしたくないなら、早めに購入し、通常28日前であれば、早割が適用されて格安になったり、席もゆとりがあるため、好きな所に決められる場合もあります。最近では、航空会社によって違いはありますが、もっと早く予約をすることで、さらに安く手に入る場合もあります。
安い=早く買うがポイントになってきます。
日程や、行き先が決まった時点で、早めに飛行機チケットを買うようにしましょう。

国内では、安さの基準に違いがある

国内では、早く買う=安くなるとはならない場合もあります。
国内の飛行機チケットは、早く買ってもお得になりますが、安いサイトで購入したり、プランを選んで宿泊先のホテルなどとの組み合わせを選ぶことで、さらに安くなることが多くなっています。
特に国内では、飛行機のチケット代も一定価格での取扱いが多くなっているので、早く購入すること、もしくは宿泊先が付いているプランが、1番の割引きになります。
ですが、急に飛行機に乗らなくてなならない時には、国内航空券の取り扱いを行っている格安サイトで比較してみると、急なキャンセルによって価格が安くなっている場合もあるので、チェックしてみると良いでしょう。

国外では航空券が安い時期もある

国内では、お正月、GW、お盆、夏休みなどの長期休みがある時期には、飛行機チケットが取りにくかったり、価格が安くならなかったりしますが、国外では、日本と同じ時期に、飛行機チケットが安くならないとは限りません。
目的地の気候などによっても、左右されることが多いので、それに合わせて早めにチケットを取っておくと、飛行機代の節約になります。
基本的には、4月~5月の春は緩やかで大きな変動もなく、6月頃から少しずつ上昇していきます。

7月、8月がピークになり、9月頃から安くなっていきます。
1番安いのは12月~1月で、年末年始を除けば、低価格で海外に行くことが出来ます。
この時期に行くことで、現地でもゆったりと過ごすことができるので、のんびり過ごしたい方は、時期を狙って早めに予約しましょう。