簡単!スピーディに飛行機のチケットを予約する方法

初めて飛行機のチケット予約をする場合

飛行機のチケット予約を初めてするなら

cow121034516_tp_v1
飛行機に乗りたい場合には、以前なら旅行会社に出向いたり、電話したり、手間がかかることも多くありましたが、現在では航空会社のサイトからチケットの申し込みを行ったり、24時間対応の電話で取ることが出来たり、様々な手段が増えたことで、予約が取りやすくなっています。
それと同時に、チケット予約できる場所が増えたことで、安さや申し込み方法も簡略化されてきたりと、多種多様な違いが出てきます。
では、飛行機のチケット申し込みに不慣れな方でも、簡単に申し込めるのはどこでしょうか?

大手旅行代理店で申し込むメリット

cow121000320_tp_v1初めて飛行機のチケットを取る場合には、旅行代理店で取る方法が、便利で簡単な方法になります。
旅行代理店では、旅行などで飛行機に乗る際の、様々な手配をすべて行ってくれるので、自分で手配することが一切ありません。
なので、旅行などで初めて訪れる場合には、そこでの宿泊先なども同時に予約を行ってくれるので、手間や労力がかからずに、安心してお任せできます。
自分で、飛行機の手配や、宿泊先の手配を行ってみたはいいが、いざ現地に到着したら予約日程が間違えていた、もしくは、天候悪化などのトラブルで、飛行機が時刻通りに飛ばなかったなどの問題があった場合には、また自分で最初から、予約の変更などを行う必要があります。
何度か経験している場合であれば、特に問題なくできるのでしょうが、初めての場合には、パニックになってしまい、旅行を思いっきり楽しむことが出来なくなってしまいます。
そうならない為にも、慣れるまでは旅行代理店で予約した方が便利です。

旅行代理店の格安キャンペーン

さらに旅行代理店では、円高などに合わせた、格安飛行機チケットを予約するために頻繁にキャンペーンを行っている場合もあります。
このキャンペーンでは、特に海外に旅行に向かう方専用のキャンペーンで、アジア方面、ヨーロッパ方面、アメリカ方面など、様々な国に安い価格で航空券が取れるようになっています。
出発地と、現地滞在日数が合えば、お得なチケットになるので、これを利用しても良いでしょう。
さらに旅行代理店からのアドバイスで、もっと便利なプランに申し込める場合もあるので、まず相談してみましょう。
初めての場合には、旅行代理店でキャンペーンの使用と、ツアーの申し込みが併用できるかなどの確認を行いながら、自分の行きたい場所などを相談することで、安心・安全な飛行機の旅になります。

国内・海外旅行の比較サイト情報

格安飛行機チケットの販売ならSKYTICKET

飛行機チケット予約は早めにしよう

海外の飛行機チケットは早めに買うとお得に

旅行などで行き先が決まった時点で、早めに飛行機チケットを買うようにすると、値段も安く手に入ります。
とにかく早く買うことが、安く手に入れる1番の方法になります。
まだまだ先だから、まだ予定が安定しないなどの理由で、先延ばしにしてしまうと、料金が変わってしまったり、乗りたいフライト時間の便が売り切れてしまうなど、
旅費が高くなってしまう場合があります。

思わぬ出費をしたくないなら、早めに購入し、通常28日前であれば、早割が適用されて格安になったり、席もゆとりがあるため、好きな所に決められる場合もあります。最近では、航空会社によって違いはありますが、もっと早く予約をすることで、さらに安く手に入る場合もあります。
安い=早く買うがポイントになってきます。
日程や、行き先が決まった時点で、早めに飛行機チケットを買うようにしましょう。

国内では、安さの基準に違いがある

国内では、早く買う=安くなるとはならない場合もあります。
国内の飛行機チケットは、早く買ってもお得になりますが、安いサイトで購入したり、プランを選んで宿泊先のホテルなどとの組み合わせを選ぶことで、さらに安くなることが多くなっています。
特に国内では、飛行機のチケット代も一定価格での取扱いが多くなっているので、早く購入すること、もしくは宿泊先が付いているプランが、1番の割引きになります。
ですが、急に飛行機に乗らなくてなならない時には、国内航空券の取り扱いを行っている格安サイトで比較してみると、急なキャンセルによって価格が安くなっている場合もあるので、チェックしてみると良いでしょう。

国外では航空券が安い時期もある

国内では、お正月、GW、お盆、夏休みなどの長期休みがある時期には、飛行機チケットが取りにくかったり、価格が安くならなかったりしますが、国外では、日本と同じ時期に、飛行機チケットが安くならないとは限りません。
目的地の気候などによっても、左右されることが多いので、それに合わせて早めにチケットを取っておくと、飛行機代の節約になります。
基本的には、4月~5月の春は緩やかで大きな変動もなく、6月頃から少しずつ上昇していきます。

7月、8月がピークになり、9月頃から安くなっていきます。
1番安いのは12月~1月で、年末年始を除けば、低価格で海外に行くことが出来ます。
この時期に行くことで、現地でもゆったりと過ごすことができるので、のんびり過ごしたい方は、時期を狙って早めに予約しましょう。

飛行機チケットの予約方法は?

便利なネットで予約しよう

飛行機のチケットの予約を行うには、ネットを使って行う方法があります。
インターネット以外にも、航空会社の営業所、指定旅行会社、予約専門電話などからも申し込みが可能になっています。
ですが、航空会社や、格安航空サイトなどであれば、インターネットからの申し込みを24時間受け付けており、予約からチケット代金の支払いまで、すぐに行えるので便利です。

基本的な流れは、予約ページから必要な情報の入力を行うことで、予約が簡単にできます。
ですが、ここで気をつけないといけないのは、予約をしたから航空券が買えたことにはならないので注意が必要です。
各会社によって日数に違いはありますが、予約日から数日間の間に料金の支払いを行わなければ、購入期間を過ぎたことになり、キャンセル扱いになります。

入力に必要な情報は?

まず、自分が飛行機に乗りたい日にち、乗りたい区間、乗りたい時間、乗る人数の入力が必要になります。
入力を済ませると、自分の目的に合った便が一覧などで表示されるので、そこから乗りたい便を選びます。
その後、確認画面が出てきて、今までの入力情報が出てきます。
この時に、今まで入力した情報間違いがないかどうかをきちんと確認しましょう。
行き先や、時間など間違えると当日予定通りに搭乗することが出来なくなってしまうので、きちんと確認しましょう。
その後に利用者氏名に自分の名前や、年齢などの入力を行いましょう。
支払い方法選択画面が出たら、好きな方法で支払いを行います。
この時に注意しなければならないのは、コンビニや、ATM、銀行振込みなど、数日時間がかかるものになります。
クレジットカードや、インターネット振込みであれば、即申し込み完了となりますが、コンビニ払いや、銀行振込みの場合は、搭乗予定の数日前までに支払いを完了しなければなりません。
また、早期割引きなどの期限のある割引きを利用した場合にも、期間内に振り込まなければ、割引きが受けられない場合もあります。

インターネット以外の予約方法は?

インターネット以外でも、電話や駅で購入する方法もあります。
電話の場合には、各航空会社の予約専門番号に電話で予約します。
この時にも、インターネットと同じように、必要事項を電話で聞かれるので、答えていくと予約完了になります。
候補に挙がった便や、値段も教えてくれるので、メモを取ってどれにするか確認しながら予約しましょう。
駅で予約する場合も、旅行先で予約できますが、割引きなどについて説明がない場合もあるので、航空会社で事前に予約を行ってから
、料金の支払いとチケットの受け取りを、駅で行うようにすると良いでしょう。

格安の航空券を探すには

格安飛行機チケットの探し方

旅行に行くなら、なるべく旅費は抑えて、現地で思いっきり使うお金に変えたいと考えた時に、少しでも飛行機代を安く抑えたいと思うでしょうが、現在では、様々な格安航空券を取り扱っている所が多くあり、どこで購入しやすくて、そこで買うのが便利なのかわかりませんよね。
そんな時に、格安飛行機チケットを取り扱っているサイトを選ぶポイントを抑えていると、自分に合ったサービスや、取りやすいサイトが見つかりやすくなります。

初めての海外旅行ならここで!

初めて海外旅行に行く場合には、日本国内の検索サイトで探すのが使いやすさや、チケットの取りやすさなどがあり、簡単に予約することが出来ます。
特に多くのチケットの取り扱いを行っている、HISやJTBでは、日本人が多く訪れる観光地には、直接向かうチャーター便などの取り扱いもあるので、チケットが安く手に入る場合が多くなっています。

JIBでは、国内の旅行会社の中でも最大手の会社なので、実績の多さや、サービス内容が充実しています。
価格も幅広く、燃料サーチャージなど飛行機に乗る際にかかってくる様々な諸費用などを含めた金額を表示しているので、料金が見やすく、分かりやすいようになっています。

さらに全世界のホテル、50社以上の航空券や、各種ツアーなどをすべて検索、予約が同時に行えるネットワークを持っているので、一括で予約を済ませることができます。
HISでは、ツアーなどを組まずに、自由に現地を楽しめるプランや、他社よりも価格の安さで勝負している面があり、とにかく安い航空券を探している方には利用しやすくなっています。
電話での相談や、申し込みが24時間可能であったり、保険や宿泊先に関する相談もできるので、初めての海外旅行にはピッタリです。

国内も格安で行きたい方には

海外旅行では、ツアーや、チャーター便で格安になる場合も多くなりますが、国内でも格安で探せる方法があります。
空旅.comでは、特に人気の出発地点から最も安い航空券を探す方法や、航空会社から探す方法があります。
探し方も簡単で、フライトの時間に合わせて一括で検索できることで、他社との比較もしやすくなっています。

事前に予定が決まっている場合には、早めに予約しておいた方がより安くなりますが、急な場合でも、空席の有無によって価格変動がありますが、他社と比較しやすいことで、低価格なチケットが探しやすくなっています。
自分に合った使い方で、利用サイトを変えると、さらにお得にチケットが手に入ります。

便利な飛行機チケット予約サイトは?

飛行機チケットを予約するなら

旅行に行く時に、1番節約したい部分は旅費で、中でも節約しやすいのは航空チケット代金です。
格安の航空チケットを、使うサイトは多くありますが、どこで予約するのが良いのでしょうか?
旅行したい場所、時期や期間、条件などによっても違ってきますが、各サイトのメリットなど一緒にご紹介します。

初心者でも安心して予約・購入できる旅行代理店

旅行代理店で、飛行機ticketを購入して、まず安心感があり、聞きたいことにはすぐに答えてもらうことができ、相談もしやすく、ツアーなどと一緒に申し込むことで、航空券が格安になります。
特にHISは、価格が安いだけでなく、前後3日間の間に最安値の比較などもできたり、表示料金も見やすくなっているので、初心者でも分かりやすくて便利です。
他にもJTBでは、安い航空券をインターネット以外でも、窓口で購入もできます。

急な海外出張でも安心のサイト

Businessは、急に海外主張があったり、宿泊先を急きょ探さなければならなくなり、困ってしまう場合もありますが、スカイゲートであれば、海外のホテルの予約も、日本語で確認することができます。
フライト時間を微調整できたり、空席情報もすぐに確認できるので、急ぎの時でも頼りになります。
イーツアーでは、平日の午後3時までに予約すれば、その日中にすぐに連絡をもらうことができるだけでなく、航空券も安く、フライト前後3日間の料金も比較できるようになっています。
急な対応に、すぐに答えてもらうことが出来るので、とにかく急いでほしいという方にはおすすめです。

とにかく安さが重視のサイト

とにかく安く飛行機チケットを購入したい方には、トラベルコちゃんがおすすめです。
こちらは大手航空会社から、旅行代理店まで、航空券を取り扱っている所の中から、安い航空券情報を検索して、比較しやすいようになっています。
約60社の中から比較できるようになっているので、とにかく安さを重視するなら、探しやすいサイトになるでしょう。
ですが、直接航空券の予約はできないので、その後直接手続きを行う必要があるので注意しましょう。
スカイスキャナーでは、世界中のから検索できるシステムで、約1000以上の航空会社などから検索が可能になっています。
リアルタイムの価格が表示されるので、比較しやすくなっていますが、以前は日本語に対応していなかったため、探しにくさがありましたが、現在では日本語に対応しているので、検索しやすくなっています。

海外旅行の飛行機の予約法:中国編

簡単に予約ができる

中国へ向かう飛行機の座席をとるのには、外国語が必要ではないかとイメージしている人もいるかもしれませんが、そうしたことはまったくありません。中国編でも他の国々と同様の手続です。日本には、中国と結ぶ路線に数多くのアジアの航空機が飛んでいます。

言葉の通じる日本の航空会社を使いたいのはやまやまですが、格安航空券を出しているのは、外国の航空会社であることも多いので、費用面を重視して、そちらを利用することもよくあるでしょう。そうした外国の航空会社の航空券を予約するのは、国内航空券とほとんど同じくらい、簡単なことです。

日本語対応の予約サイト

上海や香港、その他の都市への航空券を扱っている日本の航空会社や旅行会社はたくさんあります。そうした会社のホームページから、航空券を予約すればいいことになります。もちろんウェブサイト内は、すべて日本語です。外国語はまったく必要ありません。

海外航空券と言えども、国内航空券と仕組みはほとんど同じです。まず自分が搭乗したい区間と搭乗日を入力します。すると航空運賃が安い順に多くの航空券が示されます。直行便と乗継便別に料金比較しているサイトもあります。良さそうな航空券を詳しく見て行き、諸条件を確認したうえで、購入する航空券を決めます。
そのまま予約手続きできるサイトが大半です。その直後に、クレジットカード払いで決済もできます。それで座席確保できたことになります。

直行便と経由便

 上海や香港などに向かう便には、直行便が多いですが、広州などになると、ほとんどが乗継便となります。乗継便と直行便では所要時間が大きく違いますので、できれば直行便を利用するのがお勧めです。乗り継ぎ時間は10時間以上のこともあります。

言葉のわからない空港で10時間以上過ごすというのは、かなりたいへんなことです。しかも、座ってやすんでいられるとも限りません。乗り継ぎ手続きのために、一時間以上も行列に並ぶこともあります。
たとえ最安値の航空券であっても、乗継便はやめておいたほうが無難です。
途中になにがあるかわかりませんし、言葉が通じない外国ですから、乗り継ぎのための待機中も、快適でないこともあるでしょう。少々割高となっても、直行便を押さえておいた方がいいでしょう。目的地に着いたときに疲労困憊していては台無しです。
体力ばかりでなく、相当な時間も費やします。本来、失わなくても済んだ時間と体力です。費用よりも、そちらを惜しむべきかもしれません。

海外旅行の飛行機の予約は簡単!

誰でも簡単に予約が可能

海外旅行の飛行機の予約は、個人ではできないと考えている人もいますが、決してそのようなことはありません。誰でも簡単に予約できます。しかも、外国語もまったく必要ありません。日本の航空会社や旅行会社、航空券販売会社のサイトを使って、国内航空券を申し込むのと大差なく手続できます。

 中国の場合も同様です。日本の航空会社や旅行会社、航空券販売会社が中国への往復航空券を取り扱っていますので、それらのサイトから申し込めます。中国の格安航空会社が多数日本に乗り入れていますので、航空運賃は相当安くなっています。ほとんどのサイトでは、航空券の価格比較をおこなっており、最安値も表示していますから、そうしたもの参考にして、効率的に航空券探しができます。

値段だけでなく、直行便かどうかということも見たほうがいいでしょう。直行便と乗継便では、所要時間が4倍以上違うこともあります。乗り継ぎ時間が十数時間ということもあるからです。直行便が出ている路線なら、最安値ではなくても、直行便を選んだほうが無難です。乗り継ぎ手続きのために、一時間以上並ぶこともあるようです。直行便なら、すでに目的地についている頃にそうした状況となっていることもあります。直行便の数は少なく、ほとんどが乗継便という路線も多いので、旅行スケジュールが決まり次第、大急ぎで直行便の座席を予約するのが望ましいでしょう。意外なことですが、直行便より乗継便のほうが割高となることも往々にしてあります。

決済方法について

 オンライン申し込みと同時に、クレジットカード払いによる決済もできます。払い込み先は、航空会社というわけではなく、そのサイト運営会社であるため、日本の会社に支払うことになります。支払いをもって、座席確保となります。格安航空券の場合は、残席がわずかしかないこともよくありますから、搭乗日時が決まり次第、すぐ席を押さえておきたいことろです。しかし、格安航空券の場合は、便の変更ができないことも多いので、搭乗日時があやふやなまま、座席を押さえるのはやめておいたほうがいいでしょう。時には便の変更ばかりか、払い戻しさえできないこともあります。
 海外航空券は、国内航空券と違って、販売会社によっては、手配料や発券手数料がかかることも多いです。3千円程度にしているところもあれば、9千円ほど請求する会社もあります。まったくとらない会社もあります。事前にその点も確認してから、申し込みを。

海外旅行に行きたいなら飛行機予約が先

旅の始まりは飛行機の予約から

中国へ海外旅行に行きたいなら飛行機の予約を先にしましょう。今では格安航空会社も多くなっていて、格安の航空券がかなり手に入るのが楽になりました。ただし、このような格安航空会社で旅行するときにはいくつか注意しなければならない点もありますから、その点に対して説明がいります。

まずは航空券を予約するときですが、インターネットから行うことが基本。電話受付など、電話ができないわけではない場合もありますが、例えば平日の9時から5時までで夜間や土日はオープンしていないなど、使い勝手がよいとはいえません。
また、そんな時間帯の話よりも、そもそも電話では別途手数料がかかることも少なくないのです。わざわざここで手数料を支払うのはもったいないですから、自分でインターネットを使うようにしましょう。
ちなみに、何かのついでに空港のチェックインカウンターに行く機会があったとしても、そこでもまた手数料が別途かかることもあります。おとなしくインターネットで行うのがよいでしょう。

支払いに関しては要注意

次の注意点は支払いです。これはクレジットカードで行うことが一番手っ取り早いでしょう。もしクレカを持っていないような人であれば、コンビニ決済などが可能なことも多いですが、未成年者などでない限り、中国に限らず海外旅行に行くのであればクレジットカードは今や必須ともいえるアイテムです。
もし持っていないのであればこの機会に最低1枚作っておいてもよいでしょう。

また、格安航空券の場合は、いろいろなところで追加の手数料がかかる場合があります。これは逆に言えば航空券そのものにはほとんど何のサービスもついていないことが多いということで、自分にとって何が追加で必要なのかをよく考えなければなりません。例えば、座席を予め指定するのにも手数料がかかります。
これは、手数料を支払わないでいると自由席で先着順になるという意味では決してなく、当日空港でチェックインするまで座席が指定されないという意味です。

当然ながら、そういう場合は3席並んでる真ん中など、あまり良いとはいえない席になることが多くなりますから、それが嫌だというのであれば手数料を支払って事前に座席を指定してしまうのがよいでしょう。
その他にもスーツケースなどの飛行機の機内への持ち込みができないような大きな手荷物を預けるためにも別途手数料がかかります。スーツケースの個数や重さによって細かく手数料が異なっていますから、これも確認しておきましょう。

海外旅行に行くときの飛行機の予約の仕方

旅の始まりは飛行機の予約から

別に中国だけには限りませんが、海外旅行に行くときにはほぼ飛行機が必須となるでしょう。その予約の仕方はどうすればよいのでしょうか。
既に慣れている人であれば全く何の問題もないことかもしれませんが、今までやったこともないという人であれば、何から手をつけてよいのかさっぱり想像もつかないかもしれません。
もし、本当にさっぱり分からないとか、以下の説明を読んでも何のことだか分からないというような人は、旅行会社のパッケージツアーに参加することが一番間違いのない方法です。

旅行会社のパッケージツアーであれば、そのような手配は全て旅行会社の担当者が代行してくれます。自分がすべきことは、旅行の日程を空けておくこと、代金を用意すること、それにパスポートを用意しておくことくらいであり、それ以外のややこしいことは全て代行してくれるからです。

さて、パッケージツアーの話はこれくらいにして、海外旅行時の飛行機の予約の仕方ですが、航空会社や国際線フライトを集めたホームページから行うのが最も分かりやすい方法でしょう。もし利用する航空会社が決まっているのなら航空会社のホームページを見ればよいですし、とくに航空会社を決めているわけではなくてできるだけ安いフライトとか、自分の都合にあったフライトが良いという人であれば国際線フライトを集めたサイトから行うことがよいでしょう。
日程や出発空港、目的地などを入れると自動的に検索をしてくれるはずです。

マイレージをお得に貯める

ちなみに国際線でも国内線でも、フライトに乗るとマイレージが貯まるようになっていることも多いです。
このマイレージとは搭乗した距離に応じて貯まるポイントのようなもので、これを貯めることで例えば無料の航空券に引き換えたりすることもできるようになっていますから、ある特定の航空会社にできるだけ集中して乗るようにして、その航空会社のマイレージを貯めるようにしている人も多いです。

そのときどきであちこちの航空会社を利用していては、マイレージがそれぞれの航空会社で分散してしまい、効率が非常に悪いわけです。ですが、航空会社の中には別の航空会社と提携していて、提携先の航空会社に乗った場合にも自社のマイレージが貯まるようになっている場合もあります。中国には数多くの航空会社があり、それぞれに独自の提携先を持っていたりしますから、日本国内のマイレージサービスと提携しているかどうかを確認しておくのも大事なことでしょう。

ツアーと個人旅行で予約方法が違う?

中国の観光地は目地をおし

中国は観光地もたくさんあり、万里の長城や寺院巡り、グルメな旅など行ってみたいところややってみたいことがたくさんありますよね。海外旅行に行くなら、比較的近いということもあって行きやすい国でもあります。ヨーロッパに行くことを考えれば数時間で着くことができるので、気軽に行くことができますよね。
移動時間が短ければ、その分だけ滞在時間をのばすことも出来るのでゆっくり観光することも出来ます。価格もヨーロッパに比べれば移動距離が短いことや物価の関係もあって安く行けるのも嬉しいですね。
浮いた分を現地で使うこともできるのを考えると、とてもお得ですよね!

旅行に行くならツアーに入ることも出来ますが、自由に回りたいときはツアーではなく個人で旅行をすることを選ぶ場合もありますよね。
個人旅行の場合は、まず飛行機の手配をするところから始めなければなりません。航空券を手配しておかなければ現地に着くことも出来ませんから、最初にやっておくべきことです。

予約方法について

飛行機の予約にはどんな方法があるでしょうか。
まずは代理店で手配してもらう方法です。代理店を通じて航空券を購入の場合は、手数料は多少かかりますが手配はすべて任せることができるので、様々な手間を省くことができます。
お金は多少かかってもいいから、人に任せておきたい場合はおすすめの方法です。忙しかったりして、自分で色々やるのは大変という方はこの方法を選ぶといいでしょう。
交通手段とホテルがパックになっているものもあり、そちらの方が得な場合もありますので検討してみるのもいいかもしれません。

航空券購入の注意点

自分で手配して安く済ませたいという方は、インターネットでの航空券の購入という方法があります。
インターネットでは様々な航空会社が、航空券を販売しています。その中には格安航空券も存在しますので、そういったものを狙うといいでしょう。
ただし、予定がまだきっちりと決まっていない時は慌てて予約しない方が無難です。格安航空券は、一度確定してしまうとキャンセル料が発生したり、振り替えができない場合もあるので、せっかく安いものを選んだつもりでも結局高くついてしまうことがあります。
格安航空券購入の際には、規約までしっかりと確認しておくことが必要です。完全に予定が決まっていて、キャンセルの予定もないならば、通常の物よりかなりの安値で中国に行くことも出来ます。

慣れていなければ無理はせず、自分に合った方法で予約しておくと安心ですね。